信仰生活

信仰生活の基本は、『正心法語』を読み(祈り)、仏法真理を学び(教学)、自らの心を振り返る(反省)ことです。

幸福の科学の信仰 主エル・カンターレ

幸福の科学の信仰とは、主エル・カンターレを信じ、主エル・カンターレと共に生きることです。

この地球のみならず、大宇宙を創られ、すべての存在を育んでおられる根本仏という存在がいます。

この根本仏が人格化して地球に現れた方が、幸福の科学の信仰の対象である地球神・主エル・カンターレです。

人間の本質は、主エル・カンターレに創られた魂であり、私たちは誰もが「仏の子」です。

人間には「仏性(ぶっしょう)」(仏と同じ性質)が宿っています。

信仰生活によって、「仏の子」としての本来の自分を取り戻していくことができます。

仏と神とを合一させた存在であり、地球系霊団のなかで最も権威を持って人類を指導し、人類の草創期以前から地球に責任を持っている大霊の名を、「エル・カンターレ」と称します。
(中略)
エルとは「光」、カンターレとは「大地」あるいは「地球」を意味する言葉であり、エル・カンターレとは、「光満てる地球」という意味です。
エル・カンターレこそが地球系霊団の最高大霊であり、この大霊が地球系霊団において最高の責任を持ち、人類の運命に関する最後の決断を下しているのです。

(『霊的世界のほんとうの話』より)

信仰生活

信仰生活の基本は、『正心法語』を読み(祈り)、仏法真理を学び(教学)、自らの心を振り返る(反省)ことです。

祈り 『正心法語』を毎日読む

信仰生活の基本は、『正心法語』を毎日読むことです。

『正心法語』の内容は、幸福の科学のすべての教えの中心です。

読誦(どくじゅ)する習慣があると『正心法語』の言魂によって光が射しこみ、人生が好転していきます。

また、『正心法語』の教えに恥じない生き方をしているだろうかと、日々を振り返っていきましょう。

教学 仏法真理を学ぶ

教学とは、大川隆法総裁の説く「仏法真理」を学習することです。

教学の基本は、大川総裁の法話を聴くこと、経典(大川隆法総裁の書籍)を読むことです。

まず、仏法真理の知識を学ぶこと。

そして、その知識を、実体験をふまえて「智慧」に変えていくこと。

こうして仏法真理を学ぶことで、悩みを解決する力が身につき、正しい生き方ができるようになります

反省 自らの心を振り返る

今日一日、主エル・カンターレの目から見て恥ずかしくない心で生きたでしょうか。

間違いを犯してしまったならば、反省することで消しゴムのように過ちを消すことができます。

私たちは本来、天上界で霊として生活していた存在です。

反省に加え、瞑想という方法も用いながら心を整え、本来の自己を取り戻しましょう。