教え

幸福の科学の根本経典は『仏説・正心法語』であり、その基本教義は「正しき心の探究」です。

「正しき心の探究」の具体的な実践指針が、幸福の原理である「四正道」(愛・知・反省・発展)です。

また、幸福の科学の中心の教えは「愛」と「悟り」と「ユートピア建設」の三つに収斂されています。

根本経典:『仏説・正心法語』※三帰者限定

基本教義:正しき心の探究

実践指針:幸福の原理=四正道(愛・知・反省・発展)



四正道

幸福の科学では、信者のひとりひとりに「正しき心の探究」を求めています。

そして「正しき心の探究」の実践編として、「愛の原理」、「知の原理」、「反省の原理」、「発展の原理」の四原理からなる「四正道」があります。

見返りを求めずに他人を愛すること。

すなわち「与える愛」を実践すること。

人に優しくしたり、親切にしたり、思いやること。

仏法真理(大川隆法総裁が説く心の教え)を学び、仕事や生活等の実体験を通して智慧に変えること。

人間の本質は魂であると知り「心の教え」を学ぶこと。

「悟り」という名の幸福をつかむこと。

反省

間違いや悪を犯したことを心のなかで深く反省し、過去の罪を修正すること。

反省によって自らの罪が許され、天国の光が射してくる。

本来の自己を取り戻すこと。

発展

自分の魂を成長、向上させながら、仏国土ユートピア建設に努力すること。

幸福な人々を増やしていく、「この世を天国化していく運動」である。

経済的・政治的に発展繁栄する教えも説かれている。

基本三法

幸福の科学の初期(1987年)に発刊された『太陽の法』『黄金の法』『永遠の法』は「基本三部作」と呼ばれ、幸福の科学の教えの輪郭(りんかく)を示す基本経典です。

『太陽の法』


人間の本質である魂の真実が説かれた、現代の聖典。

教えの中心となる法理論、真理の流れの歴史を示した時間論、あの世の次元構造を示した霊界論・空間論が示されている。

太陽の法

『太陽の法』

エル・カンターレへの道

この一冊と出逢うために、 あなたは生まれてきた。 幸福の科学の基本書かつ最重要経典である本書には、 仏法真理の壮大な...

『黄金の法』

主エル・カンターレが観た歴史観であるとともに、主エル・カンターレが立案した地球の計画がわかる、真実の人類史。未来の予言記や、地球神の価値判断が示されている。

黄金の法

『黄金の法』

エル・カンターレの歴史観

あなたは、人類の歴史に隠されていた 地球神の計画を知る。 伝説の神々や偉人たちの「生まれ変わり」が、 地球神の視点から...

『永遠の法』

あの世のシステムがすべて解明された理論書。

霊界の次元構造の理論と、あの世の実態、霊人の生活が説かれている。

永遠の法

『永遠の法』

エル・カンターレの世界観

誰も知らなかった 「霊界」のすべてが、 いま明かされる。 人はどこから来て、どこへ去っていくのか? 人類の永遠の疑問に...

法シリーズ

法シリーズとは、「○○の法」というタイトルで毎年1冊ずつ発刊され、その年のメインコンセプトや基本的な活動方針を示している経典です。

大川隆法総裁は、この法シリーズをひと通り読むことで、仏法真理のだいたいの輪郭がわかると述べています。

「法シリーズ」で大川隆法公認型の基本的な思想を固めているので、これを見れば「基本教義の教学は何であるか」ということが分かるようにはなっているのです。

「神仏からいただいたミッション」を遂行することが幸福の科学の基本教義

幸福の科学の基本的な教えとして、「四正道」がありますし、『仏説・正心法語』では、さまざまなことが説かれています。また、『太陽の法』に説かれている教えも、いろいろとあります。
そうしたものに書いてあることを要約し、それを学んでいただくことも、もちろん、大事なことだと思います。
しかし、改めて、言葉を換えて言うとするならば、「幸福の科学の基本教義」とは何でしょうか。
それは、「神仏から頂いたミッションを遂行すること」です。これが「基本教義」ということになります。

神仏からいただいたミッション遂行のために、大川隆法総裁は数多くの教えを説かれています。